自動車を停めておく

自動車駐車場の費用について

自動車の駐車場にかかる維持費

自動車の維持費には様々なものがあります。代表的なものを上げると、ガソリン代、メンテナンス代、車検代、自動車税、重量税、自賠責、任意保険が必ず必要になってきます。さらに駐車場を借りている場合は、その分の費用が発生します。地方では5000円くらいのところもあれば、東京では5万円~10万円と非常に高いです。このような維持費を考え、またクルマの使用頻度を考えると、必要なときだけレンタルするとか、シェアするほうが安上がりかもしれません。都市部では交通網が地方に比べて発達しているので、特にクルマの必要を感じない人も多いです。

車を停めるのには駐車場が必要

日本においては、普通自動車を所有する際に車庫証明などを取る必要があります。これは毎日の保管場所を警察署に届けることになるものです。また、どこかに車で出かける際には駐車場のことが常に気になるでしょう。郊外のショッピングセンターや店舗であれば、広い無料の駐車場が完備されていたりするのですが、街中では有料になってしまったり、契約を探すことになるでしょう。有料としてはコインパーキングなどもあったりしますが、買い物をするのなら、契約のパーキングを事前に調べていくと自動車でも安心して出向くことができるようになることでしょう。

↑PAGE TOP